アフターピルを病院で処方した時の値段と保険適用について

アフターピル,処方,病院,保険適用

 

アフターピルはドラッグストアなどでは購入できず、病院で処方してもらう必要があります。

 

しかしすべての婦人科などで処方を行っているわけではありませんので、まずは電話での問い合わせやネットで調べて、アフターピルの処方をしてもらえるかどうかを確認してから病院に行くようにしましょう。

 

処方に関しては保険適用とはなりませんので、全て自己負担となります。保険は病気や怪我の治療のみに利用できるものです。

 

妊娠は病気ではありませんし、避妊に失敗して妊娠してしまうかもしれない、という状態もまた、病気ではありません。

 

そのため、妊娠を防ぐためのアフターピルは全額自己負担となってしまいます。

 

保険が利用できませんのでほとんどの場合では保険証を持っていく必要はありませんが、病院によっては血液検査を行う可能性もありますので、一応持って行っておくと良いでしょう。

 

アフターピル,処方,病院,保険適用

 

自由診療になりますので、価格は病院が好きなように付けても良いということになっています。

 

そのため病院や処方されるアフターピルの種類によって価格は変動し、都内の相場でも5000円~20000円と大きく差があります。

 

この値段の差はどのアフターピルを処方されるかによって違い、緊急避妊用の薬として発売されたノルレボの処方の場合には、1回分で15000円~20000円ほどの費用が掛かります。副作用が少なく、1回だけの服用で済むというメリットがあります。

 

ノルレボが発売される前までは中用量のピルが緊急避妊薬として利用されていたのですが、その方法の場合には2回飲む必要があり、吐き気や頭痛、むくみ、めまいなどの副作用が出やすくなっています。

 

注意点は多いのですが価格は安く、3000円~10000円程度になります。病院によってどちらか一方だけ、患者さんの要望に応じてどちらでも処方できる、などの違いがありますので、最初の問い合わせの際にどのくらいの値段になるのかを確認しておくと安心です。

 

アフターピルの即日通販TOP