低用量ピルとアフターピルとの違い

アフターピル,低用量ピル,アフターピル,違い

 

アフターピルはもうしてしまった後に緊急で防ぐために飲むものですが、低用量ピルは普段から飲み続けて万が一の着床を防ぐためのものです。

 

低用量ピルは生理不順や生理痛の緩和、妊娠を防ぐものとして使われます。

 

毎日飲み続けることで生理周期を整えてくれたりするので、妊娠防御目的以外にも服用している女性は現在多く、昔ほど珍しいものではなくなりました。

 

低用量ピル・アフターピルともに味は特にありません。大きさも飲みやすく、低用量ピルは裏面に何日目、とまで記載があるので飲み続け易い目安にもなります。

 

低用量ピルとアフターピルを比べると圧倒的にアフターピルのほうが割高となっています。

 

アフターピル,低用量ピル,アフターピル,違い

 

低用量ピルは月に換算しても1500円以下で済みますがアフターピルの場合8000円程度する場合もあります。

 

あくまで緊急であり、ドラッグストアなどでは販売されていません。産婦人科や婦人科などで診察・処方してもらうことが必須となります。

 

低用量ピルは海外のある国では飲んでいる女性が当たり前、という観念を持つところもあります。避妊具を付けるより確実で、違和感もなく過ごせます。

 

デメリットといえばむくみやすくなったりします。その為しばしば太った?と聞かれることもあるかもしれません。

 

アフターピル,低用量ピル,アフターピル,違い

 

避妊を徹底しているような国では避妊具を子宮内に埋め込む手術なども盛んですが日本ではそこまで徹底していませんので、現代の日本では安価で気軽に購入できる低用量ピルの普及が増えています。

 

アフターピルは名前の通り行為後に緊急で防ぐ対策として服用するものですが、その日その時限りなので一回で8000円となるとやはり割高な薬ということになります。

 

ピルを飲むことで生理痛の痛い腰痛や腹痛、子宮痛、頭痛などが緩和される方も多く、服用したからといって特別むくみ過ぎたりすることはないのでそう心配しなくても大丈夫かなと思います。

 

今では国産のピルよりも海外産のほうが多く輸入してきているので海外産の物も良いかもしれません。

 

アフターピルの即日通販TOP