アフターピルの安全性や常備の重要性

アフターピル,安全性

 

アフターピルは、性行為の後に飲むことで強制的に生理を起こし、着床を防ぎます。

 

服用すると吐き気や倦怠感、不正出血などの副作用が起こることがあります。

 

不正出血については生理を起こすとという仕組みから当然のことではありますが、通常のピルに比べて体への負担は大きいです。

 

吐き気については吐き止めを飲んで軽減する方法が採られます。後遺症が出ることはありません。

 

強い薬ではありますが非常に安全性は高く、避妊法として使用される価値は十分にあります。

 

性行為の後72時間以内に服用することで、80%を超える高い確率で避妊を行うことができます。

 

アフターピル,安全性

 

中絶手術は全身麻酔をかけて行う大変な手術です。その後の不妊に繋がる恐れもあり、避けるために最善の努力を行うべきです。

 

子供ができても育てられない状況の中で日常的に性行為を行っている女性は、アフターピルを常備しておくべきです。

 

性病予防の観点から、避妊は基本的にコンドームで行うべきではありますが、コンドームが破れたり、たまたま手持ちが無かったため、その場の雰囲気で避妊をしなかったということがよくあります。

 

そんな時、アフターピルを服用することになりますが、薬局ですぐに購入できるものではありません。産婦人科医の診察のもと、処方される必要があります。

 

アフターピル,安全性

 

原則は72時間以内ですが、アフターピルの服用は早いほど確実な効果が出ます。24時間以内の服用では95%以上の確率で避妊に成功すると言われています。

 

信頼できる産婦人科に行くことが難しいタイミングもありますし、常備しておくことでより安心感が得られます。コンドームは正しく使用することで破れるリスクはゼロに近づきます。

 

避妊できると言ってもアフターピルを飲む状況にならないことがベストですので、あまり大っぴらにアフターピルを常備していることを明らかにしないよう工夫し、普段からパートナーの協力を得て、正しい方法で確実にコンドームを使用しましょう。

 

アフターピルの即日通販TOP